ドローン物流サービス

DEMONSTRATION EXPERIMENT

ドローン実証実験

ドローン物流タイトル修正2.png
2022_sp_top_logi.png
よりスピーディーにより低コストで運搬が可能なドローン物流.png
mds_box_photo.png
image02.png
よりスピーディーにより低コストで運搬が可能な.png
楕円形 42.png

​中山間
地域への
物流

楕円形 42.png

島への物流

ドローン物流タイトル修正.png

当社では長時間飛行できるMDS-6proの最大のメリットを生かし、
物流用として最適なドローンの開発や支援・物流実証実験を行っています。
実証実験(無料)等の相談等受付ます。

​ドローン物流実証実験を行いました。

1.日時(ルート)

令和4年10月26日(水)
​今治市大角海浜公園~大三島イナズミキャンプ場の6km

令和4年11月4日(金)
今治市波方港~大三島イナズミキャンプ場の8km

150m未満

root.jpg

3.運送品

抗原検査キット20本(約1kg)、(実際には約1kgの重りを運送)

4.事業主体

日本エヌ・ユー・エス(株)

5.ドローン運行

ライセン(株)

6.船舶運行(追走)

遊船やすまる、WAKKA

7.後援

今治市

8.目的

今回の物流実証実験は、今治市大三島(島しょ部)を対象に、島しょ部の過疎地域における地域課題解決を目的としている。大三島は、本州と四国を結ぶしまなみ海道(高速道路)が島の東側を通っているが、島の住民は、橋の交通料が高額であるため、島外への車移動が制限されるといった地域課題がある。例えば、島外の病院を受診する場合、受診料より交通費が高額となるため、島民の大きな負担となっている。ドローン物流によって、物流手段の改善による生活環境の向上、災害時等の緊急輸送手段の提供、遠隔診療の実効性向上、現地雇用創出が期待される。

9.結果

1セットのバッテリーで、片道8kmのルートを往復することができました。

​今回見つかった課題を今後の改良に生かし、実用性を高めます。

2.ドローン

MDS6pro-WW 長距離タイプ((株)ライセンオリジナル)

スペース用

物流用ドローンの提案